• HOME
  • キッチンリフォーム ポイント5 キッチンの不満を解決する方法

キッチンリフォーム ポイント5 キッチンの不満を解決する方法

①シャワー式水栓金具でシンクをいつも綺麗に!

シンクの内側は、食材をそのまま置くこともあれば、生ゴミが置かれることもあり、調理器具と同じようにいつも清潔に綺麗にしておきたい場所です。

そこで活躍するのが、ホースの付いたシャワー水栓金具です。
軽いタッチで操作ができるキッチン用水栓金具。グースネックならシンクが広く使え、ホースも引き出せるのでシンクの隅々まで簡単に洗うことができます。シンクの中を綺麗に丸洗いできますし、大きな鍋の届きにくい底なども洗いやすく、イライラが解消できます。
水栓金具は小さいようですが、キッチンの使い勝手を左右する大きなポイントです。
「吐水口」の位置がシンクの端になったり、手前すぎないように注意しましょう。

②汚れに強い目地材ならタイル貼りもOK

「キッチンバックの壁をタイルにしたい!でもお掃除が大変そう・・・」結局キッチンボードに・・・という方も多いのではないでしょうか?
タイルの問題点は目地につく汚れ。そこでリフォームするなら、油汚れの他、醤油やコーヒーにも強い目地材を選びましょう。タイルの目地には様々な種類があり、色々な機能が付加されているタイプがあります。これらを適材適所で選ぶことがタイル使いのリフォームのポイントです。

③凸凹のないガラスのクックトップなら揚げ物も怖くない

コンロまわりのお掃除の面倒な理由は大きくて重いごとくや、凸凹にこびりつく汚れにあります。
そこで、スッキリガラス面のクックトップにリフォームしてみませんか?
IHクッキングヒーターにすれば、表面のガラス一枚サッと拭くだけ。ガラストップタイプのガステーブルなら、汁受け皿がなくごとくも小さいので掃除は簡単です。
クックトップの交換は部分リフォームの中でも満足度が高いリフォームです。現在国産のクックトップが入っていれば、大抵の商品とサイズが合います。ただしサイズにはいくつかの種類がありますので、どの商品が入るか、事前に良く確認しておきましょう。

④キッチンの床は他の部屋とは違う選び方で安心、長持ち

リビングやダイニングとオープンになっている間取りが増えてきたせいか、普通のフローリング敷きにリフォームするケースも多いのですが、キッチンは水や油なども飛び散る場所なので他の部屋にはない機能が必要です。

普通のフローリング材では基本的には水や油に弱くキッチンだと表面が剥がれてきたり、染みになってしまう事も多いのです。

キッチンの床材には、タイルや塩ビシートのように水に強い物を、また木質系の床材を選ぶなら汚れや水に強いコーティングがされたタイプを選べば美しさも長持ちし、掃除やお手入れの手間も楽になります。


福喜
北九州 福喜
北九州
お客様の声 北九州
施工事例 北九州

 福喜
福喜

linksyu.jpg
福喜
北九州
 福喜
福喜